numaHPA ClassAA ver.1.0 (パーツ込みのキット)【頒布終了】

numaHPA ClassAA ver.1.0 (パーツ込みのキット)【頒布終了】
Purchase Limit:
1

━━━━━━━━━━━━━ ※本品の頒布は終了しました ━━━━━━━━━━━━━ numaHPA ClassAAは、ClassAAの回路を基にしたヘッドホンアンプです。 本品は、電子工作キットです。完成品ではありません。 製作には、ラジオペンチやニッパー、はんだごてなど、電子工作に必要となる工具等が必要です。 個人の趣味かつほぼ材料費のみで利益は全く考えていないため、用意数は少ない上に売り切れ御免の品となっております。 このため、本品はお一人様1つ限りとさせていただきます。 申し訳ありませんが、ご了承願います。 本キットには詳細な組み立て手順書などはありません。 基板上のシルク印字とパーツリストの情報だけで実装作業が行える人を対象としています。 はんだごてなんぞ使ったことない人、ICの搭載の向き等がわからない人は、購入はお止めください。 本キットのパーツはリファレンスとして、そこそこイイ感じ(?)の構成となっておりますので、パーツ交換せずとも普通に使えるかと思います。 基板色は【緑】です。 ■説明書(パーツリスト含む) https://1drv.ms/b/s!AqlyKlIX9hBBpByHfocjsHly637-?e=7Dp0kb ※PDF内のリンクは、一度PDFをダウンロードした後に開くことで遷移すると思います。 ■本ヘッドホンアンプについて ClassAAの回路を、何も考えずにそのまま展開したような作りになっています。 V-Amp側とC-Amp側でオペアンプを変更できるように構成していますので、オペアンプ交換などで音の違いを楽しむ等、好きにカスタマイズして楽しんじゃってください。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

━━━━━━━━━━━━━ ※本品の頒布は終了しました ━━━━━━━━━━━━━ numaHPA ClassAAは、ClassAAの回路を基にしたヘッドホンアンプです。 本品は、電子工作キットです。完成品ではありません。 製作には、ラジオペンチやニッパー、はんだごてなど、電子工作に必要となる工具等が必要です。 個人の趣味かつほぼ材料費のみで利益は全く考えていないため、用意数は少ない上に売り切れ御免の品となっております。 このため、本品はお一人様1つ限りとさせていただきます。 申し訳ありませんが、ご了承願います。 本キットには詳細な組み立て手順書などはありません。 基板上のシルク印字とパーツリストの情報だけで実装作業が行える人を対象としています。 はんだごてなんぞ使ったことない人、ICの搭載の向き等がわからない人は、購入はお止めください。 本キットのパーツはリファレンスとして、そこそこイイ感じ(?)の構成となっておりますので、パーツ交換せずとも普通に使えるかと思います。 基板色は【緑】です。 ■説明書(パーツリスト含む) https://1drv.ms/b/s!AqlyKlIX9hBBpByHfocjsHly637-?e=7Dp0kb ※PDF内のリンクは、一度PDFをダウンロードした後に開くことで遷移すると思います。 ■本ヘッドホンアンプについて ClassAAの回路を、何も考えずにそのまま展開したような作りになっています。 V-Amp側とC-Amp側でオペアンプを変更できるように構成していますので、オペアンプ交換などで音の違いを楽しむ等、好きにカスタマイズして楽しんじゃってください。